神奈川県 横浜市の弁護士トップ > 消費者取引トラブルに遭われた方 > フランチャイズ契約で適切な説明を受けなかった

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

消費者取引トラブルに遭われた方フランチャイズ契約で適切な説明を受けなかった

フランチャイズ契約とは、事業契約の一種で、既に確立しているブランドイメージを利用して、広く事業展開をしていくという契約になります。フランチャイズ契約では、権利や商標などを提供するフランチャイザー(本店)と、提供を受け、対価を支払うフランチャイジー(加盟店)側との間で、説明不足などを原因とするトラブルが発生する場合があります。

フランチャイズ契約の仕組み

フランチャイズ契約は、加盟店にとっては、優れた商品や経営ノウハウの提供を受け、商標を使用できるなどの利益を得られる一方、本店にとっては加盟店の資金負担によりコストの削減や多店舗展開ができるなどの利益がある、契約システムです。

フランチャイズ契約を締結する際は、本店による説明が非常に重要になります。特に、十分な説明責任を果たさずに、加盟店が損失を被った場合です。
万一、本店が加盟店に行った説明が、法令による規制に違反していれば、加盟店から責任追及される場合があります。

フランチャイズ契約の説明で特に注意すべきこととは

売上予測、経費予測と実態の相違

本店は、加盟店を募集する際、「売上予測」や「経費予測」等を示しますが、加盟後の経営実態が異なり、トラブルが生じる場合があります。
本部に算出根拠の明確な説明をしてもらうことが重要です。
また、自らも近隣地域の状況を調査したり、専門家に相談するなどの事前調査をするとよいでしょう。

加盟金の返還の有無について

昨今、店舗の物件が決まる前に契約を締結し、金銭の支払いを求められる場合があります。店舗を開店できなかった場合でも、金銭が返還されない等のトラブルにつながっています。このような契約では、開店できなかった場合の金銭の返還等について、明確に説明してもらうことが重要です。

ロイヤルティの算定方法について

ロイヤルティの算定方法はフランチャイズ契約に記載されるべきものですが、その内容はチェーンによって異なります。
算定根拠や廃棄ロスなどについて、十分に確認し納得した上で契約を締結することが重要です。

本部と加盟店の債権債務の相殺について

本店と加盟店の間には、種々の債権債務が発生します。その相殺について、会計処理を本部が行い、加盟店側が不足した場合などは、不足分を借金として利子を付けて請求される場合もあります。
債権債務の相殺勘定は複雑な場合も多いので、十分理解できるまで説明を受けることが重要です。

テリトリー権の設定について

フランチャイズ契約の中には、同一チェーン内で加盟店に一定の領域の商圏保護や地域制限を設けているものもあります。今後の計画を立てる上でも、こうした契約についても受分説明を受け、ナットしてから契約することが重要です。

契約解除時における解約違約金

フランチャイズ契約を中途解約する際の解約金をめぐり、トラブルが生じる場合があります。契約が解除される場合や手続き、加盟店が解約を申し出たときの解約金の有無など、詳細にわたってきちんと説明を受け、納得した上で契約することが重要です。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから