神奈川県 横浜市の弁護士トップ > 消費者取引トラブルに遭われた方 > 公的機関の弁護士対応の指示

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

消費者取引トラブルに遭われた方公的機関の弁護士対応の指示

消費者取引のトラブルは、各地域の国民生活センターが相談窓口を設け、消費取引のトラブルに対応しています。さらに、法的対応が必要になる場合など、専門家である弁護士を間に入れることで、トラブルを早く解決できる場合があります。

弁護士に相談した場合のメリット

消費者取引トラブルを弁護士に依頼することで、相手方との交渉や調停、裁判の手続きなどを弁護士が代わりに行うことができます。
法的手続きは煩雑、複雑な場合が多いのですが、弁護士が行うことで、手間や直接相手方とやりとりする精神面での負担を軽減することができます。

弁護士に依頼した場合の流れとは

通常、弁護士に消費者トラブルを相談、依頼した場合、以下のような流れになります。

問い合わせ、法律相談

無料で行っている法律事務所もあります。相談しやすい弁護士か確認しましょう。

依頼

実際に弁護活動を依頼するという契約を締結すると、本人のために活動できます。

内容証明、交渉、裁判

内容証明郵便を弁護士の名前で送ることで、相手に将来訴訟提起する可能性を示唆し、トラブル解決につながる場合があります。交渉、裁判は、特に業者側との対応になると個人では対応が困難な場合もあるので、弁護士に依頼することをお勧めします。

解決

トラブルのケースによって、解決方法は様々です。まずはご相談されることをお勧めします。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから