神奈川県 横浜市の弁護士トップ > 遺言・相続・成年後見 > 親の財産を独占されている場合

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

遺言・相続・成年後見親の財産を独占されている場合

「親の財産を兄弟が独り占めしている」
「両親の判断力低下をいいことに、兄弟が借金の連帯保証人にして無駄な借金をしている」
このようなお悩みをお持ちの方は、成年後見制度の利用をご検討下さい。

親の財産を独り占めするケース

子の一人が強引に親の財産を独り占めする、いつの間にか親の財産が目減りしているといったケースは、残念ながら少なくありません。
判断力が低下した親の財産管理を、同居中の子が代行することはよくありますが、中には不正に貯金を下ろして使うなどしたために、相続が開始した時には、遺産の全体額がはっきりしないというケースもあります。

成年後見制度利用の効果

高齢のため判断力が低下したり、要介護状態にある親の財産管理に、おかしな点や財産独占の疑惑がある場合は、他の子から成年後見制度の申立てをすることで、公平公正な財産管理を実現することができます。
このようなケースで、子の1人が成年後見人になると、兄弟間の紛争を生じる可能性がありますし、このような場合には子の一人が成年後見人に選任される可能性は比較的低いでしょう。このような場合は、弁護士などの第三者が成年後見人に選任される場合が多く、その結果として、適正な財産管理がなされ、使途不明金などの発生もなくなるという効果が期待できます。
親の財産を独占されている場合、成年後見制度を利用することで将来にわたり生じる問題を解決できる場合があります。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから