神奈川県 横浜市の弁護士トップ > 暴力団関係者から受けた被害でお悩みの方 > 暴力団関係者との取引を未然に防ぐための対策

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

暴力団関係者から受けた被害でお悩みの方暴力団関係者との取引を未然に防ぐための対策

暴力団関係者との取引を未然に防ぐためには、事前の対応が重要です。ここでは、そのための対策について解説します。

体制づくり

まず、組織内で対応責任者、補助者等をあらかじめ指定しておき、対応マニュアル、通報手順等を定めておきます。更に、暴力団関係者からアクセスがあった場合の、組織としての回答も準備しておくとよいでしょう。
マンションや商店などの場合、暴力団関係者のアクセスに備えて、応対する部屋を決めておき、録音、撮影機械等をセットしておくとともに、暴力追放ポスターや責任者講習受講修了書等を揚げておくことも有効です。

暴力団排除条項の導入

暴力団等反社会的勢力とは取引しないこと、取引開始後反社会勢力と判明したなら、取引を解消することが重要です。
この場合、事件やトラブルに発展した場合に備えて、警察、暴追センター等との連携を取っておくとよいでしょう。

組織犯罪集団である暴力団は、昨今は規制が厳しくなったものの、今でも覚せい剤の密売や賭博、ノミ行為などの不法利得のほか、組織の威力を示して飲食店などからみかじめ料、用心棒代の徴収等の資金獲得活動を行っています。
また、民事問題や経済取引に介入して、一般市民や企業から不当な利益を獲得する活動は、その範囲を拡大しているといわれています。

そこで、暴力団との取引を未然に防ぐには、暴力団の活動実態や不当要求の手口などを知り、その対応方法を習得しておくことが有効です。
暴力団対策法(正式には「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」)では、事業者を対象に、責任者を選任することが努力義務として規定され(暴対法32条の2)、責任者に対し、不当要求に対する対応方法などについて指導を行うため、各種資料の提供や、指導、助言等の援助を行うことが定められています。
この援助の一環として「不当要求防止責任者講習制度」があります。
警察署で、このような講習を受けることに加え、いざという時備えて弁護士に依頼しておくことをお勧めします。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから