神奈川県 横浜市の弁護士トップ > クレサラ問題・過払い金請求 > 破産歴を残したくない

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

クレサラ問題・過払い金請求破産歴を残したくない

借金解決にはいくつか方法がありますが、破産歴が残るのは自己破産した場合です。ここでは、自己破産の効果と、破産歴を残さない借金問題解決の方法について解説します。

自己破産の効果とは

自己破産は、裁判所に自己破産の申立をして、免責が認められると、借金の支払いの免除を受ける手続きのことです。
自己破産をすると、官報(国が発行する唯一の法令公布の機関紙)に、破産者の「氏名、住所、破産手続きをした日時、裁判所など」が記載され、破産者として名前が公告されます。
また、自己破産すると、破産者名簿に掲載されます。破産者名簿とは破産者の本籍地の市区町村に備えられている名簿で、身分証明書発行時に自己破産したことが記載されます。破産者名簿への記載期間は、自己破産の手続開始決定から免責確定までの数ヶ月間で、免責許可決定確定後、記載は抹消されます。

官報をチェックする人はほとんどいないこと、裁判所から会社へ自己破産の連絡は行かないことからすれば、会社から借金をしている場合などを除き、通常は自己破産の事実を会社の人に知られることはありません。

自己破産したくない場合には

自己破産し、官報などにのりたくない場合は、任意整理か民事再生の手続きに依ることになります。
民事再生は、自己破産のように借金全額が免責されない反面、自己破産のように住宅などの高価な財産を処分されることがありません。
また、自己破産では、資格制限により、一定期間、税理士や警備員等の職業に就けなくなりますが、民事再生では資格制限はありません。

  自己破産 民事再生
借金 原則借金を返さなくてよくなる。 住宅ローンは減額されない。
財産 高価な財産は処分される 20%程度は支払い義務あり。
期間 約3~6か月 財産は処分されない
資格制限 あり(手続き中、一定の職業) 約6か月

任意整理をする場合

任意整理のメリット

任意整理のデメリット

民事再生をする場合

民事再生のメリット

民事再生のデメリット

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから