神奈川県 横浜市の弁護士トップ > 職場・上司の問題でお悩みの方 > 労働問題の解決の流れ

法律相談のご予約は045-661-2811またはお問い合わせフォームから

横浜で弁護士がよく相談される他の悩み

  • 遺言・相続・成年後見
  • 交通事故に遭われた方
  • 不動産・賃貸・建築問題
  • 消費者取引トラブルに遭われた方
  • 会社の経営でお悩みの方
  • 夫婦間の問題でお困りの方
  • 職場・上司の関係でお悩みの方
  • 刑事事件・少年犯罪
  • クレサラ問題・過払い金請求
よくある他の悩みメニューおわり
横浜の弁護士によくあるご質問

神奈川県横浜市の弁護士事務所 地図・アクセス

みなとみらい線日本大通り駅より徒歩5分
JR根岸線・地下鉄関内駅より徒歩8分

事務所への行き方を詳しく
お客様の声 弁護士事務所の採用情報

職場・上司の問題でお悩みの方労働問題の解決の流れ

労働問題には、残業代などお金をめぐるトラブル、解雇やセクハラなど人をめぐるトラブルなど様々あります。このような労働問題の解決は、大まかには以下のような流れをたどります。

労働問題の解決の流れ

任意交渉ですべきこととは

労働問題が発生した場合、まず会社と交渉します。
交渉する際は、内容証明郵便で主張を会社に伝えることが重要です。内容証明郵便は、日本郵便株式会社が、いつ、いかなる内容の文書を誰から誰宛に差し出されたかということを証明する制度なので、交渉にあたって重要な証拠となります。

内容証明郵便を発送した後は、会社側の対応や主張に応じて交渉を進めます。
当事者間でも行うことができますが、弁護士を介することで、迅速で確実な解決を図ることが見込めます。

労働審判ですべきこととは

労働審判とは、平成18年に開始された、裁判所の行う紛争解決手続の一つです。会社の不当解雇を争う場合や、残業代の請求などが対象となり、多くのケースで利用されています。
労働審判には、

という特徴があります。
労働審判での結果には、訴訟による確定判決と同じ効力が発生します。

労働審判は、原則として相手方の本社や営業所の所在地を管轄する地方裁判所で行われます。相手方には出頭が強制され、出頭しない場合は罰金が科されます。

訴訟手続とは

労働審判でも和解が成立しなかったり、労働審判の結果に異議を申立てられた場合は、自動的に訴訟手続に移行します。

法律相談のご予約やお問い合わせはこちら

045-661-2811または問い合わせフォームから